読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ササラモサラな気分で

大体は映画のこと書いてます。










2013年に劇場観賞した新作映画ランキング 《ベスト3編》

ランキング

今回は年末なので2013年中に観に行った新作映画のランキングを載せたいと思います。 

※2013年に日本で公開された映画のみです。

※劇場で見た映画のランキングなので、2013年中に劇場公開→DVD発売となった映画で、DVDでのみ観賞した映画はランキングに含みません。

※あくまで僕のランキングなので怒ったりしないでくださいー。




1位 《風立ちぬ


 

宮崎駿の自己矛盾に対する決着を観れると思っていたら、なんかうやむやにされたんで、悪くはなかったんですけどベスト級ではないなと思っていました。ですが2回目でベストに入れることにしました。女よりも人間関係よりも何よりも飛行機作りに没頭する野郎の物語で、結局自分のしてきたことは大量の死人を出しただけ。あげく嫁も死んで飛行機も作れなくなって最後は孤独な身となる。呪われた夢の代償は想像以上のものだけど、それでもやれんのか?と問われているような気になりました。風が常に吹いていたり、乗り物に乗っていたりと常に画面に”動”があるから余計にラストの零戦の残骸が主人公の心情や置かれている状況を残酷に表しているという演出もよかったです。クリエイターの残酷物語として、一応映画関係の仕事に就きたいと思っている僕的にはベストにしました。あと今年は進路の関係でいろいろあったので「夢の期限は10年」という言葉をはやおから聴けたのもよかったです。ただそのセリフを言っているのも自分の夢の中の登場人物という点も意味深なところがあります。庵野監督の声は面白かったし、瀧本美織はこの映画で大好きになりました。その他西村雅彦などクセの強さが印象的だったり、はやおのロリコン願望全開な二郎の妹などなどキャストは全員素晴らしかったです。画については言わずもがなで、冒頭の二郎の夢のシーンは所謂宮崎駿映画を観に来た観客へのサービス的な意味があるファンタジー調だったり、震災表現や当時の街並みなど同じ現実世界と思えないようなバラバラの演出なのにリアリティラインは守られている演出の見事さなどルックはほぼ完璧です。主題歌なんてこの映画そのものでした。

ただ二郎と嫁さんの件が冗長だったり、そもそも上映時間が長かったり、堀越二郎を扱っているのに戦争の責任とか、はやお自身の戦闘機好きで反戦という矛盾点をどうこうする映画じゃないなどまあそれなりに気に喰わないところもありましたが、上記の通り自分の将来について考えさせてくれた映画なのでベストです。





2位 《バレット》


 

スタローンとウォルターヒルとジョエルシルバーでマッチョおっぱい肉弾戦爆発血みどろバイオレンスなバディームービー、って最高じゃないですか。興行的にこけたり、みんな来年のエクスペンダブルズ3しか話題にしなかったり不遇すぎますよ。映画は見世物。客を楽しませるもの。余計な教訓も説教も垂れない、最近流行りのベテラン俳優がメタ的に自分の人生の総括なんてやらない。

友人の復讐のために悪党をブチのめす。ただそれだけの映画。

ロッキーとランボーコブラのあいつが未だに脱いで斧振り回して、衰えてきてるどころか現役バリバリでここまでストレートなアクション映画を作ってることに感動ですよ。本当はこういう映画が年に4〜5本劇場公開されるべきなのに未だにスタローン級じゃないとそうもいかないのは何でですか。みんなそんなに説教されたり講義受けたいんですか、癒されたいんですか、現実見たいんですか。そういうのはバレットみたいな映画あってこそ変化球として観るのが僕の映画の見方なのでベストにしました。風立ちぬとの差はないですがスタローンはこれからもこの調子ですが、駿は最後らしいので1位は駿に譲ってやりました。(以上偉そうな気持ち悪い文章ですみませんでした。)

3位 《パラノーマン ブライス・ホローの謎》


 

ベストの理由はここら辺に入れておかないと自分でも忘れてしまいそうで。この映画の登場人物たちと同じく、気付かぬうちに自分は正しいということに疑いを無くしてただ楽な方法で、目を背けたいことに先のことを考えずその場を適当に乗り切ろうとする。恐怖心や猜疑心と相まって思考停止の行動に出てしまう。それがいかに愚かなことで、最悪の結果を招きかねないことなのか。誰にとっても苦でしかないことになりうるのに、自分はこういう大事なことを忘れがちなので、そうならないためにも時々この映画を見直すきっかけにするつもりでベスト3に入れました。他にもこの映画に思うところは色々あるんですが、それらのことは以前このブログに記事を残したので割愛します。










 

pcが故障したり、すぐに提出しなければならない冬休みの課題を出されたりとバタバタしているので年内はこのベスト3の記事だけ残して終わりにします

ランキング対象の映画は60本以上あるので、3位からワーストまでは2014年の1月中に掲載する予定です。

今年もどうしようもない駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

来年もよろしければお付き合いください。それでは皆さんよいお年を〜。