ササラモサラな気分で

大体は映画のこと書いてます。










マジスカ学園第8話「四天王最凶 ゲキカラ・笑う」

※本日は映画感想ではなく「マジすか学園」というドラマについての考察というか評論というかそんな大層なものではないのですがそのようなことをやっているので、そういうことでお願いします。

まずマジすか学園というドラマを知らない人のために説明しておくと「・AKB48(ほぼ)総出演・テレ東金曜深夜・血みどろバイオレンス・チーム連帯モノ・死亡遊戯型の敵」というなんだかよくわからないけど面白い連続ドラマで2010年の1月〜3月に放送していました(ちなみに2011年の春からマジすか学園2が放送されます、つまり只今絶賛放送中です!!)。このマジすか学園というドラマはAKBが完全に人気が出たといえる1歩手前に作られたドラマであと1歩踏み外すと消えるとファン&運営が思っていたであろう時期に作られました。実際このドラマが始まった半年後に第2回総選挙で大島優子が1位を取りAKBはテレビ的にも日本で今1番売れているだれでも(秋元康が作ったとかきもいヲタがいるとかグループ名聞いたことある程度)知っているアイドルとなるわけです。つまりこのドラマはAKB48が大台に乗る開戦前夜に作られたドラマというわけです。なので勢いやいい意味での投げやり感が半端でなく最高に面白くこの人にしかできないという意味でのカッコイイ(例:イーストウッドの映画のイーストウッドとか、インディジョーンズとか)熱いドラマに偶然的になってしまいました。このドラマでAKB48を好きになった人も多いと思います。なぜなら今まで見たことが無いからだと思います。詳しくはこちらこことか あとここなんか を見ていただけるとなんとなくわかるような気がしますがとりあえずレンタルDVDも出ているので 見てみてください。

そこで今日の本題の第8話ですが、この回ではゲキカラという狂った敵が出てきます。

松井玲菜ちゃんはかわゆいのですが
映画15年分/ピュア(ブラック)な映画の見方

出てる間はほとんどこんな具合です。
映画15年分/ピュア(ブラック)な映画の見方

こいつはただ狂っただけと思われがちですが実は技巧派で、前田のポテンシャルを最大限引き出すために前田の周りの雑魚を倒してゆき、ちょっと強い奴とは絶対に1対1の場面を作り戦います。なぜ前田のポテンシャルを引き出す、つまり怒りのボルテージを上げるのかというと彼女は自らの快楽や雑多な欲望のために闘いをしているためです。

そのゲキカラに前田の周りの雑魚は道端に縛りあげられ捨てられてたり鼻に鉛筆をぶっ刺されたりかなりの重傷を負わされます。そして前田と1対1での戦いを開始しますが最初の攻撃は「耳をかみちぎろうとする」です。ここで彼女のあることに気がつきます。それは己の雑多な欲望のためだけの戦いということはせずに仲間のために勝たなければならないという焦りも出ます。これはこのドラマの良くできている部分の一つで人間を1面や2面だけのものとして扱わずに12話じっくり使って敵の説明に終わらずちゃんと人間性も見せているんです。

そして前田が劣勢に追い込まれると仲間が到着。ゲキカラを撃退します。ここで来る仲間は別々にゲキカラにぼこられた仲間です。1人ではだめでもチームなら最強という僕の大好きなところです。

この回の主なストーリーはこれで終わりですが、合間合間にも連ドラにはなくてはならいシーンをうまくいれています。前田の仲間の再確認もこのゲキカラに殴られたヤツ=前田の仲間ということになり最終回への連なりをこのドラマを初めて見たという人間にもわかるようにしていてプラスその仲間の結束力も見せています。あとこのドラマの世界観の再確認もしています。先生も出てくるけどあくまでそこにあるだけでどこまでも頼りなくただの傍観者。そういうアリエナイ世界をです。そしてあくまでも主役は前田敦子だぞ!!という再確認や主役1点張りにすることによる物語の簡略化それに先述したような人間性の掘り下げ。

もう素晴らしいですね。第8話サイコーヾ(@°▽°@)ノ

最後に、この回は暴力的すぎるだとか血が多すぎるだとかで青少年に悪影響を及ぼすとかでどっかの馬鹿どもが僕の大嫌いなカス集団BPOに通報したので この回が再放送される際は暴力シーン、というかゲキカラが出てるシーンはほぼすべて白黒映像にプラス一部シーンカットに再編集されるというなんともかわいそうな目に逢いました(DVDでは本放送時のまま見ることができます)。でもこれは暴力の恐怖というか怖さを描いていると思うんです。立ち向かってくる暴力には暴力しか手はないがそれから脱しようともがく「人を殴っちゃだめー(`×´)」というドラマで、しかも極論を言っちゃえば暴力から一生逃れるなんてできることではないと思うのである程度は身構えておけよということだとも思うのでこれを見て悪影響を受けるような青年がいるとするならば「保護者のあんたが悪いんだろ(`Δ´)そんなお前のためにマジすかえおみたい俺たちの邪魔をする権利などなーいヽ(`Д´)ノ」ということになると思います。

以上脳なしボンクラ高校1年生のマジすか学園第8話についての感想・考察(?)でした。ここまで読んでくれた方、本当に本当にありがとうございました!!そして大変失礼いたしましたm(-_-)m